馬なり1ハロン牧場

カウンタ

馬なり1ハロン劇場情報

馬なり1ハロン劇場 紹介

馬なり1ハロン劇場と作者のよしだみほ先生の紹介です。

馬なり1ハロン劇場とは

馬なり1ハロン劇場(シアター)は、競馬ファンなら知らない人はいない(?)という、 「競馬キャラクターマンガ」です。
 作者はよしだみほ先生。当初は週間競馬報知(後にFanfareと改称)に連載されていたのですが、休刊に伴って週間アクション(双葉社)に移動しました。そして2003年10月、週間アクションの休刊に伴い、双葉社Webマガジンに移動しています。
 馬をかわいらしくデフォルメした絵と、馬それぞれのキャラクターが人気となっており、連載開始から30年以上も続いている作品です。
 単行本が双葉社のアクションコミックスより発行されている他、単行本以外にもエッセイや短編集などの本も数多く出されています。またこれまでにゲームやトレーディングカードなど関係グッズも出されています。

馬なり1ハロン劇場を読むには?

 毎週の更新は双葉社の馬なり1ハロン劇場公式サイトからWebコミック形式で読むことができ、毎週1話ずつの更新です。単行本は双葉社アクションコミックスより発売中です。全国の書店の他、各ネット書店でも購入することができます。
 単行本情報はこちら。馬なり1ハロン劇場単行本情報(双葉社サイト)

よしだみほ先生について

 1961年東京都生まれ。馬に興味を持つきっかけは舞台演劇「エクウス」。89年に「それいけ岡部くん!」で競馬マンガかとしてデビューを飾る。著書は馬なり1ハロン劇場のほかにも、「馬ほどステキな役者はいない」 「すべての馬に乗れ!」「私設現代名馬館」「思いこみ「馬キャラ」分析」など。シンボリルドルフ、トウカイテイオー、 岡部(元)騎手が好き。趣味は演劇・ミュージカルの鑑賞で、特に滝田栄さん、鹿賀丈史さん、ミュージカル「レ・ミゼラブル」がお気に入り。「レ・ミゼラブル」の公演中は劇場へほぼ毎日通うのだとか。

「馬なり」定番シリーズ

ヘリオス・ルビー恋物語 このマンガを一躍有名にした馬なり初期の人気シリーズ。ダイタクヘリオスとダイイチルビーの恋模様は?PART1~3、番外編1,2まで出た。またヘリオスの息子ヤマトとメジロダーリングとの恋物語も。
何でもアリま記念 毎年年末に有馬記念と平行して行われる、何でもありのレース。参加も現役馬、引退馬、亡くなった馬、騎手など誰でも出走OK。
商社シリーズ (株)北味(ノーザンテースト社長)を中心に描いた商社モノ。東商(株)(トウショウボーイ社長)や日静社(サンデーサイレンス社長)、北味社長に仕える秘書などとのビジネスマン物語。
ブロコレ倶楽部 ブロコレ倶楽部についての紹介はこちら

馬なり1ハロン劇場情報へ